【登山知識編】登山用のピンチパック紹介

もも


登山中の救急箱

今回は、登山用のピンチパックについてご紹介します。
まずは、「登山用のピンチパックって何?」というところから。簡単に言うと、登山中に何かあった時に使う救急箱というイメージです。関東の低山を登る時は、そこまで必要ないかも知れませんが、アルプスに登るときなどにピンチパックがあると安心です。

登山用ピンチパックと重要性

登山をする時にケガやトラブルにあった時にどうすればいいか考えたことはありますか?
山の上でケガやトラブルが起きた場合、自分や一緒に登山しているメンバー内で問題を解決しなければなりません。そんな時に応急処置用として必要となるのがピンチパックです。
登山をしていると常に危険と隣り合わせです。例えば、落石や滑落、捻挫、靴擦れ、天候の急変、登山靴のソールがとれる、靴紐が切れる、ルートミスなど本当にたくさんのトラブルを想定する必要があります。そのトラブルに対応するアイテムを最小限に詰め込んだものがピンチパックなのです。
それでは早速ピンチパックの内容を紹介します。

登山用ピンチパックの中身①:救急アイテム

それでは、ケガをした時に使用するアイテム「救急アイテム」をご紹介します。

<救急アイテム>
・ガーゼ
・包帯
・テーピングテープ
・絆創膏
・三角巾 ※できれば持っていってほしいもの。

上記は、肉離れや擦り傷の時に使用するアイテムです。すべて100均で購入できる簡単なものですが、あると非常に便利です。また、絆創膏はキズパワーパッドがおすすめです。ケガの場所にもよりますが、剥がれづらいことと、すぐに治るのでおすすめできます。

また、三角巾は大きなケガの時に非常に役に立ちます。例えば、止血用に傷口に当てたり、足首を捻挫した時に足首を固定したり、腕をケガした時の固定用に使用することもできます。

登山用ピンチパックの中身②:火の元

「火の元用」のアイテムをご紹介します。

<火の元用アイテム>
・メタ(固形燃料)
・ろうそく
・マッチ(ウォータープルーフタイプ)
・ライター(ジップロック付きの袋に入れて収納する)

これらは、登山中に道に迷って停滞やビバーク(野営)をしないといけなくなった時に使うものです。野営中に火を使って身体を温めたり、居場所を知らせたりたくさんの使い方があります。
そしてマッチに関しては、なるべくウォータープルーフの物がおすすめです。マッチは簡単に湿るので、いざという時に使えなくなってしまいます。登山用品店で売っているので、是非お買い求めください。

登山用ピンチパックの中身③:その他

最後は、あるといいアイテムです。万が一の万が一に対応する時のアイテムになります。

<あるといいもの>
・靴紐
・裁縫セット

こちらは、念のためピンチパックに入れているという安心というアイテムです。また、靴紐が切れた時や、衣類が破けた時に縫うためのアイテムです。

まとめ

今回は、登山用のピンチパックについてご紹介しました。
万が一のためのアイテムばかりでしたが、実際に登山を開始したら、トラブルは自分で解決しないといけないので持っていくことに越したことはありません。また他のパーティを助けるためにも必要なものです。
とはいえ、やはり一番いいのはトラブルを起こさないことと、事前準備をしっかり行うこと。例えば、天気が悪そうな時は登山しない判断を早めにすることが重要ですし、ルートミスしそうなら事前に経験者にミスりそうなポイントやエスケープルートを事前に聞くべきです。とにかく登山は、想定力と準備力が求められるスポーツなので、なるべく事前にトラブルを回避する術を身に着けましょう。

アウトドア
オフロード