【情報を制する者は登山を制す!】登山を成功させるための情報収集の方法

もも


序文

今回は登山を成功させるための情報収集の方法をご紹介します。
登山をする時に計画書を作成すると思いますが、その時に必要な情報はどこから収集すればいいか分からないことってありますよね。したがって、今回は登山計画書の作成時に必要な情報源をどこから収集すればいいかをご紹介します。安全な登山のために必要な知識になるので、ご覧ください!

どんな山があるかを知るには「やまクエ」

登山をしたくてもどんな山があるかってわからないですよね。そういう時は、ネットで検索しましょう。例えば「都内 低山 おすすめ」などで検索することも可能です。
しかし、逆にネットだと情報がありすぎてどこに行けばいいか分からなくなった時は、「やまクエ」というサイトを使うといいです。こちらは、おすすめの山を地域・難易度別にランキング形式で教えてくれるサイトです。非常に使いやすくて、登りたい山を選ぶ時には便利です。また、その山に登ったレポートを見ることができるシステムにもなっているので、最近登った方からの最新情報もゲットすることができます。そのため、自分が登れそうな山が何かわからない方は、「やまクエ」で調べてみることをおすすめします。
他にも、山のグレーディング表から自分のレベルにあった山を選ぶこともできます。山のグレーディング表は、各県から提供されている公式の資料のことで、目的の山に登るために必要な体力と技術力が明確になっている表です。自分のレベルにあった山を選ぶための情報源としては信ぴょう性が高いというメリットがあります。
しかし、そのグレーディング表がまとまっているサイトはないので、ネットで「〇〇県 登山 グレーディング表」と検索して確認するようにしてみてください。

登る山が決まったら「エアリア」

登る山が決まったら、登る山の情報を調べましょう。
そのためには「エアリア(山と高原の地図)」を確認することで必要な情報を収集することが重要です。「エアリア」には、登る山のルートやコースタイム、必要な装備などが記載されています。このあたりの情報が分かっていれば、都内の低山で道に迷ったりすることはまずないでしょう。それくらいエアリアを見ることで、網羅的に情報を集めることができます。

ルートの判断や行動予定で迷ったら「経験者」

目的の山の情報を収集することができても、その中で必要な装備の判断やルートの判断ができない場合は、実際に登ったことのある経験者に相談するようにしましょう。例えば、体力次第で選択すべきルートは異なりますし、持っていく装備は異なりますよね。その判断に迷う時に、実際に登ってないのに勝手な想定をして計画をしてしまうと、事故のもとになります。そうならないためにも、経験者に聞くことは非常に重要です。

では、どこに経験者がいるかというと、ブログなどでその山のレポートを上げている人に聞くことが一番だと考えます。ブログのコメント欄などで相談するのがいいでしょう。

もし、その方法でレスポンスがない場合は、買い物がてら登山用品店の店員さんに質問するのもいい方法です。登山用品店の店員さんは、登山の知識や経験が豊富な方が多いですし、リアルな体験談を教えてくれるので、お話しを聞けるだけでもとても楽しいですよ。

現在のルートの情報収集には「山小屋のブログ」

次に問題になるのは、最新情報を調べる方法です。例えば、積雪の情報や落石のために橋が崩壊しているという情報で止まっていると、「現在の最新情報を知りたい!」となりますよね。そんな時は、近くの山小屋のブログを確認するようにしましょう。例えば、雲取山だったら雲取山荘ホームページ(URL:http://kumotorisansou.com/)で最新情報を収集することができます。

例えば、現在(2018年4月13日)の最新情報としては、「落石のために八丁橋より先が通行止めになっていること」や、「三条コースの三条ダルミ~山荘までの巻き道は道が良くない状況なので通らないこと」と非常に詳細に情報提供をしてくれています。また、日の出と日の入り情報やアイゼンの有無などまで記載されています。本当に便利なので、どんどん使ったほうがいいホームページです。

※最新情報を知りたくなると電話をして聞くという方もいらっしゃるもしれませんが、あまりおすすめできません。山小屋で働いている方もお忙しいと思うので、電話での確認は最終手段として認識されたほうがいいと思います。

当日の天候に関する情報収集には「てんきとくらす」

最後に重要なる情報は、当日の天候です。
どれだけ完璧な計画を立てても当日の天気次第では、やむを得ず中止の判断をしないといけない時もあります。そのため、天候情報を当日に収集する作業は重要です。その時に使っていただきたいサイトは、「てんきとくらす」です。この情報は、目的の山ごとに天候の情報収集ができる点と、「登山指数」として天候条件を基に登りやすさを指数で表現してくれる点です。このサイトも非常に優秀で当日の朝4時にサイトを確認しても、きちんと情報が更新されているので、登山続行の最適な判断材料になります。ピンポイントでリアルタイムに情報提供してくれるという点では、このサイトに勝るものはないです。

まとめ

今回は、登山をするために必要な情報収集の方法についてお伝えしました。登山計画の段階では、ネットからの情報収集が主な手段です。完璧な計画を作るためには、とにかくネットから最新情報を収集する癖をつけてみるといいかもしれません。安心して登山をするためには最新情報が本当に重要なので、自分や一緒に登山するメンバーのためにも頑張って調べてみてください。

そして可能であれば、登山後はブログや登山のサイトなどを通して自分から最新情報をレポートすることも大切にしたい点です。自分と同じように最新情報を必要としている人がいるかもしれないので、自分の経験を還元できると素敵ですね。本当に登山は計画が全てなので、計画を立てるための情報が重要になるのです。

そのことに気が付くと「登山は常に誰かを想うこと」ができる素敵なスポーツだと思えますね!

アウトドア
オフロード