【XLR80!!あの頃のバイクに乗ると、、】IN オートランド生駒.

ドリーム井上


あの頃のバイクに乗ると、、

どうも、ダート大好きオッサン、ドリーム井上です。
先日仕事終わりに、会社の人のXLR80に乗らせてもらいました。すんげーコンパクトだけど、50ccとは一線を画すこの走り。ええわあ。古いバイクだけど、大事にメンテナンスして乗り続けてるらしい。いやー、オフロードバイクって楽しいな。モトクロスにエンデューロ、そしてツーリングなんかも行けちゃうし。英語だと、ダートバイクとか言うらしいね。かっこいいじゃないか。そう、どうせ乗るならかっこよく、ときには風のように誰よりも速くバイクを走らせてみたい。そんな風に考えていた時期が僕にもありました。で、そんな時期ってのは随分昔の話なんだけど、今回XLR80に乗らせてもらったところ、毎週のようにコースへ通っていたあの頃のことを思い出してしまったんだ(遠い目)。

オートランド生駒へ向かう

愛車のXR250Rで向かう先は、オートランド生駒(現ライダーパーク生駒)。
トランポがないから常に自走です。
「俺様のXRかっこいい最高」
とか、毎回そんなことを思いながら阪奈道路を走って現地入りしたものです。オートランド生駒は、こじんまりとしたコースなので、ピットスペースを見渡して知り合いがいればすぐにわかります。
「毎度~」
とお決まりの挨拶をして、バイクうんちくをしながら準備をするのがいつものルーティーン。そうこうしていると僕のチームのお仲間も出勤してくるので、あらためてバイクうんちくです。

小中学生くらいのキッズ達!?

ダラダラしてても仕方ないので、ウォーミングアップがてらコースに出てみると、やたらと80ccクラスのモトクロッサーが多い。ピットの出入りを見てると小中学生くらいのキッズのようだ。頼もしいのぉ。将来は全日本、果ては世界選手権か。
しかし、まだ抜かせないぞ。「何人たりとも俺様の前は走らせねぇ!」とムキになってXRのアクセルを全開にする僕の気分は近畿選手権あたりだろうか。ストレートで排気量にものを言わせ、キッズを抜いて前へ出る。次のコーナーをキッズの後ろでやり過ごし、ストレートでまた抜くといったことを繰り返す。ひとしきり走って、「まあ、これくらいにしといてやるわ」と、息の上がった僕はピットへ戻り、モトクロッサーごぼう抜きにしてきたよと、仲間に自慢します。

レーシングチーム??

しばしの休憩で、缶コーヒーを飲んでいると、アクセルの開けっぷりがいい感じのキッズが走っているのに気がついた。
「ほーう、なかなかいい走りじゃないか。いっちょ揉んでやるか」
そう言い残した僕は、XRをキック一発で始動させてコースへ飛び込んでいく。しかし、再度入ったコースは、さっきまでと雰囲気が違う。なんか音が違うんすよ。走っているのはさっきのキッズなんだけど、小排気量2ストローク独特の甲高いサウンドを響かせて、コーナー進入以外は全開全開また全開。ストレートでも追いつくことすらできない。キッズだけに、ミニ四駆かなんかすか?ってくらいのすばしっこさ。こっちが臆する3連ジャンプもなんなく一気飛びです。え、80ccのモトクロッサーでそこまで飛べちゃうの?勉強になります!キッズのみなさん、すごくカッコイイ!僕もいつかそんな風になりたい
......さっきまでのは、なんだったんだ。てか、僕のほうが邪魔なんじゃね?てなことを感じるはめになってしまった。遊ばれてたのはこっちだったのかよと。どうやらこの日は、本気のレーシングチームが走りにきていたみたいです。

こうなったら僕らオッサンは、もはやライダーではなくギャラリーです。感心して見ていると、キッズのコーチみたいな人がスタートラインに集合をかけ、模擬レースっぽいことを始めたのだが、ここからがすごかった。空気を察したほかのライダーが皆コースアウトしたので、完全にキッズの独壇場。いっちょまえにスタートフラッグが振られてスタート。何台もの2ストロークマシンが全開サウンドを奏でながら、ダンゴになったまま猛スピードで1コーナーへと突っ込んでいく。おいおいスーパークロスみたいじゃないか。15分程度の走行だったろうか、真剣に走り続けるキッズに興奮し、また感動させられた。

KX125

そしてキッズがコースアウトするやいなや、今度は、ただならぬオーラを放つKX125が走り始めた。ガラガラのコースで何周か流してるんだが、スピードだけでなく走りの全てが異次元。キレキレのコーナリング、完全にコントロールされたジャンプの距離・姿勢・着地、空中でのマシン操作。フープスなんか、地を這うのではなく、高でコブの上をかすめていくだけ。これはシロウトじゃないでしょ、といった走りでただただ魅せられてしまった。なんとその彼、後の国際A級ライダー田中教世君だったのです。彼らのように、ここを土台に世界の舞台へと羽ばたいたライダーも多かったことだろう。大きな大会を開催するコースではなかったけれど、近畿地区のオフローダーに愛されたレース場、オートランド生駒。僕のバイクライフの礎となった場所。

スタンドを立てると。。

スタンドを立て直立したXLR80を眺めていると、あの日キッズの駆っていたCR80と重なり、模擬レースのあのシーンが僕の脳裏によみがえってきた。あのときのキッズ、まだ走ってるのかな。
今までもこれからも、乗っててよかったオフロードバイク(字余り)

アウトドア
オフロード