【ヨガ聖地インド、リシュケシュ】聖なる川ガンジスを歩く

みんみん


私とリシュケシュ

さて、今回でいよいよ私のリシュケシュでの体験記は最後となります。前回までは、主にアシュラムでの生活についてご紹介致しましたが、本記事では私がどのようにリシュケシュの街を楽しんだかお伝えしたいと思います!ヨガの聖地であるリシュケシュ。ヨガ好きの人はもちろんですが、ヨガに興味がない人でも満喫できる素敵な街ですよ!

初めてのリシュケシュ散歩

私はアシュラムでの生活フリータイムを利用して、リシュケシュの街散策に出向きました!私が滞在していたアシュラムYOGA NIKETANを出ると、道路があり、一気に排気ガスのにおいを感じます。アシュラムでの生活は平和そのもの。治安の悪いインドにいることを忘れますが、道路まで行くと気が引き締まります。
道路を渡って少し歩くと、地元の人が利用する様々なお店が出てきて、更にもう少し進むとガンジス川のほとりに到着。リシュケシュではこのガンジス川を渡るためにラクシュマン ジュラあるいはラム ジュラという長い橋を歩いて渡ります。所狭しと立ち並ぶたくさんのアシュラム、お寺、お土産屋さん、レストラン、カフェなどのお店。地元の人と観光客が入り混じり、人がごった返しています。
リシュケシュの街を歩いていると至る所で耳に入ってくる「シヴァシヴァ シヴァシャムボー シヴァシヴァ シヴァシャムボー」という歌詞のマントラ。皆さまはヒンドゥー教の神様の1つであるシヴァ神を知っていますか?ここリシュケシュでは、シヴァ神を信仰している人が多くいるとの。マントラだけではなくシヴァの像も目にすることがありました。宗教に対する思い入れがあまりない日本では絶対にない雰囲気。街を歩いているだけでなんだかワクワクしました!

聖なる川ガンジス

インドといえばガンジス川を思い浮かべる人も多いと思います。中には、ゴミや死体が流れているのを思い浮かべる人もいるでしょう。聖なる川ガンジス。洗濯や沐浴などインド人には欠かせない川。写真でもわかると思いますが、リシュケシュに流れるガンジス川はゴミが浮いていることもありませんし、濁っていなくて本当に綺麗です。以前に訪れたインドのベナレスで見たガンジス川とは大違い。同じ川であることが不思議なくらい。ベナレスで太ももまでガンジス川に入った私。リシュケシュでもガンジス川に入りたい衝動に駆られますよね。ということで、ガンジス川に手と足を浸けました。汗ばむ気温にとても気持ちの良いヒヤッとした水温。冷たく透き通った水はまさしく聖なる川という名にふさわしいと思いました。
川のほとりでリシュケシュのガンジス川の美しさに見とれていると、子供達が声をかけてきます。言葉は理解できませんが、手に持っている花を買ってくれと言っていることは分かりました。小学生程の小さな子供がお金を稼ごうとしている。少し切なくなりました。私が小学生の頃、自分でお金を稼ごうなんて思ったことなんてなかったので。私が子供達に花を買わないことを告げると、子供達の表情が一変しました。とても強気な表情でしつこく花を買えと言ってくる。のんびりとしたいと思っていた私は、少し面倒だと思いました。今思えば、1つくらい買ってあげれば良かったのかもしれませんが…移動してもしつこく付きまとってくる子供達にだんだん苛立ってきた自分がいました。大人気ないですよね(笑)。自分の冷たい態度にハッとした私は、1人の男の子に優しく話しかけてみました。もちろんお互い言葉は理解できませんが、ジェスチャーを交えることでなんとなく会話が成立していました。そうすると男の子は私に笑顔を見せてくれました。先ほどの怖い顔はなくなり、年相応のあどけない顔。私はホッとしました。その後、男の子にバイバイと言うと、その子は私にしつこく付きまとってくることはありませんでした。

ヨガグッズを購入

ヨガの発祥地であるリシュケシュにはヨガ用品を販売しているお店がたくさんあります。まず私が買いたかったのはCDです。ヨガに合う音楽を探していました。CD屋さんを見つけ入ると、予想以上にたくさんの種類のCDがありました。お店の人に頼むと、視聴させてもらうことができました!オススメのCDを教えてもらい視聴していると、聞き覚えのある「シヴァシヴァ シヴァシャムボー シヴァシヴァ シヴァシャムボー」という歌詞が!マントラのCD。日本ではあまり目にすることができません。迷わず購入しました。合計で3枚のCDを買って、とても満足しました!
CD屋さんの後に訪れたのは、シンギングボウルが売っている雑貨屋さんです。シンギングボウルとは金属でできた法具であり、ヒーリング効果のある音を奏でることができます。ヨガに合う音色。ハンドメイドのシンギングボウルは1つ1つ音が異なります。私は実際手に取って、音を聞いて、気に入ったものを2つ購入しました。購入したシンギングボウルの音色は私にとって本当に心地よく、心が落ち着きます。日本では高価なシンギングボウル。現地で格安で入手できることができて、とても嬉しく思いました!慣れれば誰でも簡単に音を出すことができるので、リシュケシュに行った際は、ぜひシンギングボウルをお土産の1つにしてみて下さい!
シンギングボウルを買い、特にあてもあく、街を散策していると、本屋さんが目に飛び込んできました!海外の本屋さんが好きな私。何か欲しい本がある訳ではないけど、とりあえず入ってみました。この本屋さんはとても狭く、本棚にぎっしりと本が並んでいる状態でした。ヨガの発祥地ということもあり、ヨガに関する本がたくさんあります。そこで発見したのがマントラの本です!マントラの歌詞が書かれた本。欲しい!と思い、私は迷わず購入。日本では絶対買えない本に出会うことができ、心おどりました。
最後に私が買ったのはタンクリーナー(舌磨きの道具)です。タンクリーナーはヨガで使うわけではありませんが、ヨガにはまっている人なら愛用している人も多いはず。ヨガについて学ぶとアーユルヴェータ(インド発の伝統的医学)についても学ぶ機会があり、このアーユルヴェータでタンクリーナーの使用が勧められています。私はタンクリーナーを数年前から使っていて、新調したいなぁと考えていました。何件かドラッグストアをまわり、タンクリーナーをみましたが、店によってクオリティと値段が全然違っていて面白かったです!さすがインド。すごく乱雑に保管している店があり、すごく不衛生なものもありました。絶対に買いたくない(笑)!結局私は、安くも高くもなく、衛生的に保管されていたお店でタンクリーナーを購入し、これをもって私のリシュケシュでのお買い物は終了しました。

たくさんあるパワーストーン店

リシュケシュに行くまで知らなかったのですが、ヒマラヤの麓ではパワーストーンが名物となっています。リシュケシュの街を歩いていると、至る所にパワーストーンの販売店があります。ここでパワーストーンを買うのは観光客のみ。どのお店も、客引きがすごかったです。そして、どのお店に行っても共通で言われるのは、「うちのストーンは本物だよ」ということです。その証拠として、ストーン同士をぶつけて火花が出るのを見せてくれます。偽物だと火花はでないとの。当初、特にパワーストーンなんて買うつもりはありませんでしたが、見ているうちに無性に欲しくなってきました。よし、お土産で買って行こうと決意。いざ買うとなるとどのお店で買うかとても悩み、何回もお店をぐるぐるまわってしまいました。お店によって、全然値段が違う…日本では同じ商品であれば、お店ごとで大きく値段は違わないですよね。最終的に私が選んだのは、ストーンの見た目が綺麗なお店。かつ、値切ることができたお店。そのお店で店員のおじさんが「パワーストーンはガンジス川の水に浸けると効果がアップするよ」と教えてくれました。ということで、アシュラムに戻る前にパワーストーンをガンジス川の水に浸けることに。確かになんだか、ご利益がありそうと感じました!帰国後、私は購入したパワーストーンを使いピアスやブレスレットを作りました。友達にもプレゼントして、とても喜んでもらうことができました!わざわざ手作りしなくても、お店にブレスレットは売っているので、お土産にオススメします!

リシュケシュの街からもらったパワー

ガンジス川や山々の景色がとても美しいリシュケシュ。景色は綺麗ですが、決して衛生的な街ではありません。道には牛の糞が散らばっていて、臭いを放っています。中には浮浪者のような人もいます。子供がお金を稼いでいます。お店の中には観光客には高額請求をします。良い面も悪い面もあるリシュケシュ。活気に満ち溢れていて、とても強いエネルギーを生み出している場所であると私は思いました。ここでヨガが生まれた理由がなんとなく分かるような気がします。私の波長がヨガに合うように、リシュケシュにも合いました。私にとってリシュケシュはとても過ごしやすい街。そしてパワーを与えてくれる街。街散策をすると体は疲れますが、心はより元気になっていました!私はパワーをもらうために、またこのリシュケシュの街にいつか戻ってくる予定です!!

NEWS