ビーチヨガとは? カナダ バンクーバーでのヨガ事情

みんみん


バンクーバーでのヨガ体験

カナダの南西部に位置する都市バンクーバー。海も山もあり、とても自然が美しいのどかな街となっています。そして実はバンクーバーではとてもヨガは人気があります。そんなバンクーバー市内のビーチにてヨガ好き女子3人でヨガをすることに。波の音を聞きながらのヨガ。なんとも言えない解放感。すばらしいヨガを体験することができました。そこで今回、私のカナダでの初めてのビーチヨガの体験談をご紹介致します!

バンクーバーとヨガ

日本ではヨガは女性の人がするイメージが強いかと思います。実際ヨガスタジオを訪れても圧倒的に男性より女性の方が多くなっています。しかし、海外にいくとそうでもありません。ヨガが盛んなバンクーバーでもたくさんの男性がヨガを楽しんでいます。私がバンクーバー市内のとあるヨガスタジオを訪れたとき、生徒の約半数は男性でした。また年齢層は若い人から中年の人までいます。このようにバンクーバーではヨガはとても盛んで、健康維持のために性別年齢問わずにたくさんの人が生活に取り入れています。日本と比較してもポピュラーであり、ヨガ好きの人には合う街だと私は思います。

きっかけ

カナダ滞在時に知り合った日本人のKさんとUさん。他愛もない会話をしている中で、ヨガの話題が上がりました。偶然にも3人ともヨガが大好きだということが発覚!その後、ヨガの話でとても盛り上がりました。ここは自然が綺麗なバンクーバー。どこか野外で3人で一緒にヨガをしようと話が進みました。広大な景色を見ながらの山ヨガも良いですし、潮の香りが漂う海辺で行うのも気持ち良さそうだと考えました。また、芝生が広がる公園で行うヨガも捨てがたい…悩んだ結果、私たちは波の音を聞きながらビーチでヨガをすることに決めました。Kさんがよく行くビーチは朝であれば人も少ないので快適にヨガができそうとのこと。そこで、後日朝8時に3人でビーチヨガをすることに決定!

いざ!ビーチヨガへ!

ビーチヨガ当日の朝、天気は快晴!まだ気温もそれほど高くなっておらず、清々しい気候。外でヨガをするのにはまさに最高の夏日でした。
待ち合わせ場所のビーチに到着し、3人でヨガをする場所を探しました。砂浜の上にヨガマットを敷いてヨガをするのも良かったのですが、今回は砂浜の隣にある芝生の上でヨガをすることに。十分に海の波の音が聞こえる場所。ここには大きな木々があり、木陰があったので、太陽の眩しさを避けることができヨガをするにはぴったりでした。
平日の朝であったため、人はそれほどおらず、ジョギングや犬の散歩をしている人が少しだけいました。バンクーバーでは公園などの外でヨガをすることがあるため、私たちがビーチでヨガをする姿は地元の人には特に違和感はない様子です。そのため、人目を全く気にせず、ヨガを楽しむことができる予感。ヨガの準備をしながら、とてもワクワクしました!
3人の準備が完成したら、ヨガスタート。私たちは目を閉じ、バンクーバーの空気を体内に取り入れました。波の音、爽やかに吹く風がとても心地よかったです。呼吸を整え、自分の体を確認します。朝の体はまだ思うように動きません。呼吸で体の内側をほぐしました。
5分程度の呼吸を終え、ヨガのポーズに入っていきます。座位のポーズでまずは体の大きな関節と筋肉をほぐしました。体温が徐々に上がってきて、動きと共に少しずつ体が汗ばんできました。じわっとかく汗はまたなんとも言えない気持ち良さがありますよね。
座位で体をほぐした後は、立位のポーズ。立つと視界が広がり、しっかりと海を見ることができ、とても贅沢な景色でした。夏のバンクーバーの空は本当に真っ青で美しいです。また空に負けないくらい青くて綺麗な海。波の音と海鳥の可愛い鳴き声。そんな中でヨガをすると、いつも以上に体にエネルギーを吸収することができました!
最後はクールダウン。気持ち良く、リラックスできるポーズをとり、心身を落ち着かせました。目を閉じ、気持ち良く自然な呼吸でポーズをキープ。はじめは木陰だったのに、時間の流れと共に、いつの間にか日向になっていたことにこのとき、気づきました。仰向けで寝転がると、目を閉じていても太陽の強い光を感じます。強い日差しから今が夏であることを実感。私たちは太陽からのパワーを吸収しました。芝生の緑の香りが海からのかすかな潮の香りと混ざり、とても良かったです。室内でアロマオイルの香りの中で行うヨガももちろん良いのですが、天然の香りはより魅力的。
とにかく気持ちよくて寝そう…そう思った頃、私たちはゆっくりと意識を取り戻して、約1時間のヨガを終えました。

ヨガの後の栄養補給

朝からヨガをして体力を使った私たちは、ヨガの後、ブランチをとることに。いい感じに空腹になっていました。せっかくヨガをしたのだから、健康的な食事がしたいと思い、ビーチから歩いて10分くらいのところにあるオシャレな健康志向のカフェへ行くことに決めました。とても広いカフェで、外にもテーブルがありました。日本では外に席があるお店はそれほど多くないですが、バンクーバーにはたくさんあります。せっかくバンクーバーにいるのだから、日本ではあまり体験しないことをしたいと思い、私たちは外の席を選びました。たくさんあるメニューの中から、私はエッグベネディクトを注文。正直、カナダの食事は日本に比べると全体的にはクオリティは劣ります。しかし、ヨガで消耗した後の食事はとても美味しくて、更に心が満たされました!

ビーチヨガを終えて

人生初のビーチヨガ。山ヨガとまた異なる気持ち良さがあります。やはり波のBGMは最高にヨガに合い、心地が良いと感じました。天然のBGMはなんとも贅沢だなぁと思います。バンクーバーでのビーチヨガは、身体をしっかりとほぐすことができたのはもちろん、いつも以上に自律神経のバランスが整い、とても満足することができました!
また、少しポーズをとりにくくはなりますが、機会があれば砂浜の上でもヨガをしてみたいと思いました。バンクーバーでは実現できなかったので、いつか日本で挑戦してみるつもりです。
日本とは全く違う雰囲気の国であるカナダ。そんな異国で、それもまさかビーチでヨガをすることができるなんて、バンクーバーに行く前は想像もしていませんでした。日本の自然には独自の良さがもちろんありますが、やはり海外の自然はまた日本とは異なる素晴らしさがあります。日本のような蒸し暑さがなく、バンクーバーの夏の空気はとても気持ち良く思います。また、うまく表現することができませんが、日本と違う香りがします。野外でヨガをすると、感覚が研ぎ澄まされるので、よりバンクーバーの香りを堪能することができ、カナダのエネルギーを体内に吸収することができました。おっとりとした雰囲気のバンク-バーでヨガをすると、本当に心が落ち着きます。行う環境が変わるだけで新しいパワーを得ることができるヨガ。ヨガの可能性は本当に無限大であると、私は改めて気づきました。

NEWS