宮崎サーフトリップガイド <宮崎ローカル情報>

スカイ


コーストラインに伸びる無数のポイント

https://www.photo-ac.com/main/detail/1827330
宮崎県は北から南に伸びている県で、とにかくサーフィンできるポイントが多く、北は小倉が浜で有名な日向、ロングボードの聖地、木崎浜やギャップ、青島がある宮崎市内、そして県南、日南には大浦、カレンズと言ったプロを魅了するポイントがあります。GWやお盆などの連休はさすがに人も増えますが、普段関東、関西方面でサーフィンしているサーファーなら、宮崎の混雑は混雑しているに入らない程度で、十分宮崎の波を楽しむことができるでしょう。

またポイントも多いので、ロングボードにピッタリのメローな波から、ショートボーダーを楽しますパワーがある波も、場所を変えるだけで自分に合ったサイズ、形を見つけることもできるので、カップルでのサーフトリップにもオススメな場所です。
まさに宮崎は初心者から上級者まで楽しむことができるサーフィンパラダイスです。

サーファー用の民宿、レンタカーが多い

https://pixabay.com/en/vw-camper-volkswagen-vw-car-336606/
波は良いのはわかっていても、やはり宮崎は遠い・・・しかし関西方面からなら、神戸からフェリーが出ているので、運転することなく宮崎まで行くことができます。神戸を夕方出発して朝着くので、朝一サーフィンにも間に合います!

・宮崎カーフェリー

【サイト】https://www.miyazakicarferry.com/
【時刻表】https://www.miyazakicarferry.com/schedule/

関東方面ならLCCのソラシドエアーが羽田初、ジェットスターが成田初で宮崎への直行便を運航しています。飛行機で行くとレンタカーが必要になりますが、宮崎にはサーファーがサーファーの為に運営しているサーファー用のレンタカー会社も多く、車内は車内泊できるようなっていたり、バケツや水を入れるタンクなど、必要なものは一通り用意されています。
LCCで行けば、航空券代も節約できるので、その分はレンタカー代に使うこともできますよね。

・サーファーズレンタカー
【サイト】http://www.surfersrentacar.net/
宮崎空港までの送迎あり

・1173レンタカー
【サイト】http://www.1173rentacar.com/

宮崎の波がいい理由とは!?

https://pixabay.com/en/sea-ocean-blue-water-waves-nature-2565433/
太平洋に面している宮崎のポイントは、小さな低気圧にもすぐに反応し、春から秋にかけては南東うねりの上質な波を楽しむことができます。朝、夕方は基本風がないので、どのポイントでも面ツルの波に出会うことができますが、宮崎は昼になると風が強くなるので、木崎浜や小倉ヶ浜などの拓けたポイントでは基本サーフィンを楽しむのは朝か夕方。早起きすることをオススメします。
台風が来たときは、風を避けるポイントや日南周辺にあるリーフポイントでサーフィンができますが、リーフポイントは基本的にパワーもビーチに比べると強く、上級者オンリーのポイントが多くなりますし、普段優しいローカルもこの時は少し厳しくなる事もありますので、注意!
冬の間は波が大きくなることはありませんが、コンスタントに北東うねりが入ってくるので、サーフィンを楽しむことができます。

ご飯がうまい

https://www.photo-ac.com/main/detail/1466040
宮崎といえばチキン南蛮が有名ですが、それ以外にも宮崎牛、豚、地鶏、そして果物に野菜の産地でもあります。一年中暖かい気候は野菜を育てるのにも適していて、スーパーに行くと見たことのないような美味しそうな野菜がズラっと並んでいます。
物価も安い宮崎は、安い額で海上がりの腹ぺこのサーファーの空腹を十分満たしてくれます。漁港も盛んで、海の幸も1年通して美味しく、新鮮で安い海鮮料理を楽しめるのも宮崎の魅力の一つです。

各地にある、絶景・癒しの温泉

https://www.photo-ac.com/main/detail/280040
サーフィンも楽しいですが、何と言っても海あがりの冷えた体には、温泉が一番ですよね!これを楽しみにしているサーファーは私だけではないはず。
宮崎には海を望む絶景温泉から、森に囲まれた癒し風呂まで、ポイントの近くにも温泉があり、旅の疲れを癒してくれます
オススメは木崎浜・青島近くにある『あおしま太陽閣』。露天風呂、サウナ、壷風呂、岩盤浴もありますし、なんと温泉利用者は無料で使える漫画喫茶もあります。カップルでのサーフリップなら、彼女の長風呂も漫画を読みながらゆっくり待つことができます。

・あおしま太陽閣
【サイト】https://www.hotel-grantia.co.jp/aoshima/
【グーグルマップ】https://goo.gl/maps/csrucprQV6L2

マシーンウェーブのような完璧な波を求めて

https://pixabay.com/en/surfing-paradise-summer-beach-2686450/
ガイドブックを見てもわからない、ロコだけが知っているとっておきのポイントも宮崎には沢山あります。

①Monkey Island
宮崎県の一番南にある串間市にある『幸島』は、台風の時の大きなうねりをかわすポイントの一つで、台風シーズンにはロングボーダーやフィッシュを楽しむロコが集まる場所です。海岸の右側にある幸島からレギュラーの波が綺麗に割れて、波もメローなので、ロングボーダーにとっては天国のような場所です。

【グーグルマップ】https://goo.gl/maps/Wkaa53zt11L2

②カレンズ

宮崎市の南にある内海にあるポイントで、20年前にトムカレンが大会で日本を訪れた際、今まで誰もサーフィンしなかったこのポイントでサーフィンをした事からこの名前がつけられたポイントです。デモン・マルシェという道の駅の目の前にあり、宮崎名物の鬼の洗濯岩がむき出しになっている上級者オンリーのポイントです。
普段は波がなくサーフィンはできませが、台風のうねりに反応するので、シーズンになると有名なプロサーファーも全国から集まりサーフィンをしているポイントです。入るより、見ている方が楽しいかもしれませんね。

【グーグルマップ】https://goo.gl/maps/T41F4aWP5qz

③伊比井

カレンズから10分ほどで行ける伊比井は、ロータイドの時にサーフィンができるポイントです。サイズは木崎浜と同じくらい、または少し小さいくらいですが、昼間に吹く風を交わすで、ロータイドであれば、いつでもメローで面ツルな波を楽しむことができます。
GWやお盆の時期にも人も少ないので、ロコがこっそり集まるポイント。右側ではレギュラーの綺麗なメローな波が割れ、ロングボードには最高の波が割れていますし、ビーチ沿いにはヤシの木が並んでいたり、芝生もあるので、海あがりにまったりできるポイントなので、ファミリーやカップルサーファーにもオススメです。
海岸の左側はローカルオンリーになっていて、左側の駐車場もロコオンリーなので、注意しましょう。

【グーグルマップ】https://goo.gl/maps/xBPBa3KmcnP2

まとめ

空港を出るとすぐに、道沿いに並ぶヤシの木達。これを見ると『宮崎に来たー!』と気持ちが高ぶります。南国の持つ独特な雰囲気と気温も、サーフィンのモチベーションを上げる一つになっています。
もともと温厚な宮崎県民、ローカルも優しくて素敵な人が沢山います。サーフトリップに行くときには、ローカルへのリスペクト、ゴミやマナーに気をつけて皆が気持ちよくサーフィンできる環境を作りましょうね。
NEWS