【トラウトフィッシング入門】ミノーのトラウトとルアーフィッシング



「トラウトフィッシング」とは?

「トラウトフィッシング」とは?

トラウト = 「マス(鱒)」

トラウトの代表魚はニジマス。
簡単に言うと「トラウトフィッシング」とはニジマス釣り。
圧倒的な自然とトラウトの見事なまでの美しさを存分に楽しめる究極の釣りなのです。

東北、北海道で雪解けが進むころに全国的に解禁を向かえるトラウトフィッシング。

ルアーフィッシングと言えばバスフィッシングがポピュラーですが、より繊細な技術や知識が必要になるのがトラウトフィッシングです。

私が住む北海道では、これから遡上魚がメインターゲットになります。

春から初夏にかけ、トロフィーサイズのサクラマス(一部制限有)・アメマス・イトウから始まり晩夏にスティールヘッドやシートラウト、秋からはカラフトマス・アメマスなど。

数あるルアーの中からメインルアーは、ミノーになります。

そのミノーを各視点から探ってみようと思います。

今は、トラウトルアーの基本はミノー

一昔前は、トラウトルアーと言えばスプーンがメインで他にスピナーを使うのが普通でしたが、今やミノーが一般的になりました。

ラパラを始め、輸入ミノーが普及しトラウトフィッシングのルアーが一遍して、スプーン主流だったルアーがミノーに移行していきました。

その最大の理由は、「釣れる」からです。

では、なぜ釣れるのか。
その回答は、よりベイト(捕食物)に近いアクションが可能でスプーンやスピナーでは不可能だったレンジ(水域)をキープできることでしょう。

魚種や季節などによって流したいレンジは変化します。シャロー(表層)なのか(ミドル(中層)かディープ(深層)なのか。

ミノーには、先端にあるリップと言われる、アクションやレンジを決める部分があります。

リップが大きい、もしくは下に向いているほど深く潜ります。ミノー自体は浮力があるので浮こうとしますが、リールを巻くことでリップが水を噛み深く潜っていきます。

ルアーを流したいレンジに水流やリールを巻く強弱でコントロールし、同時にロッドにアクションを加えることでよりベイトに近い状態にできます。

だから、ミノーは「釣れる」のです。

勿論、スプーンやスピナーが効果的な場面もありますが、トラウトフィッシングはミノーに始まり、ミノーに終わる。トータル性能でベストルアーであると言えます。

ミノーイングの基本技術

ミノーは、スプーンやスピナーとコントロールの方法が若干違います。

魚が居ると思うポイントにルアーを流すと言う点では同じですが、鉄で出来ているスプーンのように最初から沈んでいるのと違い、ミノーは浮力があるので浮いています。

キャスティングには、大きく分けて3通りあります。

・ アップキャスト・・・上流に向けてキャストする。

・ クロスキャスト・・・川に対して平行で対岸にキャストする。

・ ダウンキャスト・・・下流に向けてキャストする。

第一は、立ち位置から魚が居ると思われるポイントがどこなのかと言う点です。

ポイントに対して、周りの障害物や流れを考慮してどのキャストを選択するか決めます。
ルアーのレンジも大切です。

ルアーは上流に向いてリトリーブ(リールを巻く)すると水を多く噛みより潜り、リトリーブする距離が長いほど潜ります。

図の波矢印がキャスト後のトレースラインですが、流れやリトリーブスピード、距離を考えていかにポイントにルアーを通すかが釣果の分かれ目です。

その時に、もう一つ大事なのがロッドコントロールとアクションです。

基本のロッドポジションはキャスト後はアップかクロスの位置、ルアーが近づくにつれダウン方向にポジションを取る。

これは、ラインスラッグ(糸の弛み)を極力防ぐためです。ラインが弛んでいたらルアーコントロールもできず、魚の当りもわかりません。

次に、ラインスラッグがない状態でリトリーブしながらロッドをトゥイッチ(竿先を揺らす)をしてルアーにアクションを与えることです。

それにより、ルアーをより魚にアピールしてヒットさせるのです。

魚がヒットする理由は、ベイトとして捕食する場合と縄張りに侵入してきた魚に対し威嚇、攻撃をしてきた時です。

ルアーをトゥイッチングして魚にアピールすることがとても大事なのです。

トィッチングのコツは、ロッドを引っ張るのではなく、リトリーブしながらロッドを「前に出して戻す」の繰り返しです。

前に出すと言うことは、一瞬ラインスラッグができルアーの浮力で「フワっと」浮く、次の瞬間、ロッドを戻すことでルアーがまた潜る。

極端ですがルアーの動きが、→→ ↑ → ↑ → みたいな感じです。

これが、ミノーイングの基本テクニックです。

トロフィーサイズを狙うには

トラウトの場合、トロフィーサイズとは魚種にもよりますが70~80センチ以上、イトウで言うと1メートル以上ではないでしょうか。

長年トラウトフィッシングをやっていても毎回出会うサイズではありませんが、偶然釣れたのではなく「狙って釣る」ことは可能です。

まずは、フィールドを理解することです。

そこの魚は、何を食べているのか何処を好むのかなどフィールドを理解することによってベストな魚をヒットさせることができます。

大河川だから、大きなルアーを使うから大きな魚が釣れるのではなく、川を理解し魚を知ることでトロフィーサイズと出会えるのです。

勿論、経験値は必要です。しかし、考えてキャストするのと考え無しでキャストするのでは雲泥の差があります。

初心者でも経験者でも必ず釣れるわけではありません。間違って、失敗することが大事でこのキャストトレース、ルアー選択、トゥイッチが駄目なら次はこうしようなど、常に考えることがトロフィーサイズと出会える最短距離だと思います。

お勧めのトラウトミノー

次から次に新商品が発売されていますが、ミノーの場合は種類を幾つかに分類することができます。

・ F/S フローティング/シャロー 浮いた状態から表層を狙う
・ F/MD フローティング/ミッドディープ 浮いた状態から中層を狙う
・ F/D フローティング/ディープ 浮いた状態から深層を狙う
*Sの場合、シンキングも有り

この他に、スミスのトラウティンサージャーのようなジグ系ヘビーシンキングもあり、スプーンと同じくメタルで最初から沈むミノーもあります。

リトリーブした時に大きくルアーが動くタイプからユラユラ動く程度の物まで様々です。

ここからは、あくま私感になりますが、お勧めのミノーです。

まずは、ジップベイツのリッジシリーズです。
動きがキビキビとしていて、ダウン・クロスにキャストしても浮き上がりが無くとてもコントロールしやすいミノーです。70F&Sを多用してます。

ティムコのシュマリ67/70 F&D。
リッジよりもロッドコントロールが必要で、スレた魚に有効だと思います。少々上級者向けのミノーになります。

スカジットデザイン チップミノー。
60mm F&S を常に使用しています。
言わずと知れた伝説的ミノーです。私的にはどれだけ最新のミノーを手にしてもチップミノーを超えるミノーはないと言って良いほど信頼しているミノーです。

フックも大事なタックルの一つですね。
純正で付いてるフックはトレブルフックと言って3本針があるタイプ。

フックアウト(魚が外れる)率は賛否両論ですが、魚のダメージを考えてもシングルフックにすることをお勧めします。

トラウトフィッシングについて

如何でしたか?これからトラウトフィッシングを始めようとしている方やミノーを使おうとされる方など参考になったでしょうか。

トラウトフィッシングの魅力は、自然に溶け込み自然を理解するスポーツです。

特に高価なタックルは必要ありません。ロッドとリール、そしてルアーがあれば誰でも楽しめる釣りです。

温かくなってくるこれからのシーズン。身近なフィールドでも良いので一度、ルアーを投げに足を運んでみて下さい。

釣れても釣れなくても、マイナスイオンを浴びて癒されて運が良ければトラウトが遊んでくれるかもしれませんよ。

NEWS