ギネス認定世界一危険な山!!谷川岳でインスタ映え!

こんにちは!
登山大好き女子のももです!毎度ご覧いただきありがとうございます!
今回もオフゲームスをご覧のみなさまに山を好きになってもらえるような記事を書いていこうと思います!!よろしくお願いします!

◆序文

今回は2000m以下の山で一番の絶景を楽しめる「谷川岳」についてご紹介します!こちらの谷川岳は、とにかく景色がきれいで感動的な登山ができる山です。感動的な登山してみたいと思いませんか??してみたいですよね!!(笑)
しかも、夏季であれば小学生でも登れる山なので、家族連れの方も多く登山されています。今回は、そんな魅力あふれる谷川岳についてご紹介します!

◆目次


◆谷川岳の魅力その1:谷川岳の基本情報

出典:自己撮影

まずは、谷川岳の基本情報についてご紹介しますね。
谷川岳の標高は1977mと実は2000m以下の山なのです。それなのにこのような絶景を見ることができる点が谷川岳の最大の魅力です。場所は、群馬県と新潟県の県境に位置していて、遠くから見ると猫耳のように見えます。それらの猫耳は、オキの耳(1977m)とトマの耳(1963m)という谷川岳の2つの山頂を指していて、登ってみるととても高いです。谷川岳は稜線歩きができる山なので、遮るものが何もない分、高所恐怖症の方は少し苦手に思うくらい高く感じる山です。

◆特徴その2:王道ルートは土合から天神平

出典:https://www.photo-ac.com

王道ルートは、土合駅から谷川岳山頂を目指して天神平駅というロープウェイの駅に向かうルートです。スタートは土合駅という日本一深いところにあるモグラ駅で、なんとホームから地上までに462段も階段があります。途中で疲れてしまうので階段の途中に椅子があるほどです。しかも夜の土合駅が古い学校みたいでとても怖いのです。(まあそんな話はいいとして)そんな土合駅からスタートするルートの登山時間は約6時間なので、そこまでハードではないです。しかし、絶対的にルート選択はこの土合駅から始まるルートをお勧めします!理由は、天神尾根という谷川岳山頂から天神平駅に至るまでの尾根がずっと階段だからです。下りの階段もとてもつらいですが、登りの階段もハードですよね。結構段差のある階段を永遠と登っていかないといけないのはあまりお勧めできません。あまりに健脚者向けのルートを選択してしまうと、せっかくの絶景を楽しむことができなくなるので、土合駅からのルートをお勧めします。

◆特徴その3:夏は天国、冬は地獄、ギネス認定世界一危険な山

出典:自己撮影

次の谷川岳の特徴は、季節やルートによってレベルが全く異なるということです。
夏季に谷川岳を登った時は日帰りだったのですが、そこまできつくなかったです。さらに山頂には家族連れが多くいて、驚きました。おそらくお子さんは小学生だったように思います。したがって夏季なら家族で楽しめるくらいの日帰り登山ができる山です。

しかし、冬季の谷川岳はギネスに登録されているほど遭難者が多い山です。ギネスに登録されているということは、世界一ということです。谷川岳は、今回ご紹介している土合から天神平のルート以外にもたくさんルートがあって、その中でも一ノ倉沢を通るルートで事故が多く発生しています。これ以上はあまり詳しく触れることはできないので、詳しく知りたいという方は、ご自身で調べてみてください。

◆楽しみ方その1:インスタ映え確実!360度混じりっ気のない絶景!

出典:自己撮影

では次から、谷川岳の楽しみ方についてご紹介しますね!
それは、谷川岳に登ると360度の絶景を見ることができる点です。

私が谷川岳の絶景を知ったのは、大学2年生の時でした。当時はよく、群馬県の水上でラフティングの練習をしていました。その時に立ち寄ったスーパーで、私は谷川岳の紅葉期のポスターを見たのです。その時に雷に打たれたように衝撃が走って「谷川岳に登りたい!」と思うようになりました。その念願叶って実際に登山して、撮影したのが上の写真です。うまく撮れているでしょ?(笑)でもこれ全く加工もしてないし、自分で買った1万円程度のデジカメで簡単に撮影しただけなのです!
このような絶景に360度囲まれている幸せというか感動に浸ることができる点が谷川岳を楽しいと思えるポイントですね。
※ラフティング:ゴムボートで川を下るアウトドアスポーツ

◆楽しみ方その2: 帰りは水上温泉郷でゆったり旅気分

出典:https://www.photo-ac.com

最後に谷川岳の楽しみ方として、水上温泉郷についてもご紹介しますね。水上温泉郷は、土合駅と同じ路線の上越線にある水上駅の近くにある温泉街です。日帰り温泉の中で、一番手ごろな温泉施設だと「ふれあい交流館」というところがあり、大人一人570円で入浴することができます。登山で疲れた体を癒すことが出来るのでおすすめです。

さらに他にも温泉旅館がたくさんあるので、水上温泉郷の旅館に泊まり、始発で水上駅から土合駅に向かうというプランもお勧めです。このように谷川岳に登る前日に水上に前乗りすれば、シュラフやテントなどの宿泊装備を持ってくる必要がなくなるので、装備が軽量化できるのでおすすめです。登山の時はできる限り荷物を軽くすることが重要なので、このような贅沢プランもたまにはいいのではないでしょうか。

◆まとめ
出典:自己撮影

今回は、谷川岳についてご紹介しました。
「360度の絶景に囲まれたい!」「自然の美しさに触れて感動したい!」「いい写真を撮ってインスタにアップしたい!」という方はうってつけの山です。下山後には水上温泉郷の旅館で癒されるというパーフェクトプランもおすすめです。このプランを実践したら、きっと誰もが登山を好きになってくれるはずです。是非挑戦してみてください!

※今回の記事は自己撮影の写真を多めに作成してみました。本当に私が登った日はとても天気が良くて最高だったので、この感動が少しでも伝わればいいと願っています。
NEWS